【新刊】生きること学ぶこと 夏の全国合宿2014講演録

ikiru_manabu
2014年夏、埼玉県で開催された「登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿2014」の記録集が完成しました。

94歳の教育学者大田尭さんの講演「生きること・学ぶこと」
内田良子さん(カウンセラー)、多田元さん(弁護士)、山下英三郎さん(スクールソーシャルワーカー)、それぞれの分野で活躍する3人の講師に「不登校をどう考えたら良いか」というテーマでお話しいただいたミニ講演。
不登校の当事者、経験者によるシンポジウム「不登校は私の原点」。
親のシンポジウム「ゆれて、迷って、今がある」

以上、それぞれ充実の内容でお届けいたします。

不登校のことはもちろん、生きることとは何か、学ぶこととは何か、そして子どもが安心していられる場所とは。様々なことを考えるためにも貴重なヒントとなる情報が満載です。

書籍紹介ページへ

カテゴリー: その他 パーマリンク