文科省【学校基本調査】及び【FS等に関する調査】結果について

文部科学省が毎年実施している「学校基本調査」の不登校数、長期欠席者数に関するデータをまとめました。
すでに新聞各社から報道されているように、不登校の子どもの数、割合ともに二年連続の増加、不登校の小学生の割合は過去最高となりました。
以下のファイルは、文部科学省が公開したデータをもとに、フリースクール全国ネットワークが作成しています。
利用・加工ともに自由ですが、利用目的等をお知らせいただけますと幸いです。

・学校基本調査「不登校の数の推移」
・学校基本調査「不登校の割合の推移(グラフ)」
・学校基本調査「不登校の数の推移(Excelデータ)


また、合わせて文部科学省が初めて実施したフリースクール等調査(小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う民間の団体・施設に関する調査)の概要、詳細も掲載いたします。
こちらは、、文部科学省が公開しているファイルをそのまま掲載しています。

・フリースクール等に関する調査 結果概要
・フリースクール等に関する調査 結果詳細
カテゴリー: その他, 不登校・フリースクール情報, 政策提言 パーマリンク