多様な教育機会確保法(仮称)制定を目指すフリースクール等院内集会

開催概要
■日時:2015年6月16日(火曜日)16時から(1時間程度)
■会場:衆議院第一議員会館 一階多目的ホール(定員200人)

■プログラム
  1.主催者より(奥地圭子、他)
  2.国会議員より(河村建夫議員、馳浩議員、林久美子議員、他)
  3.市民、関係者より
    フリースクール、オルタナティブスクール、
    ホームエデュケーション、外国人学校(ブラジル学校)、
    不登校の子ども・親、etc…

■主催:NPO法人フリースクール全国ネットワーク
    多様な学び保障法を実現する会
■共催:超党派フリースクール等議員連盟

□参加申込はこちら!

=======================================================
学校外で学ぶことを公的に認め、応援するための法律が、超党派の議員連盟により提案されました。
法案には、私たちフリースクール等のオルタナティブ教育、ホームエデュケーションなどの実践者、保護者、支援者が連携し、要望してきた内容が活かされ、また夜間中学校など、義務教育の年齢を超えた人の学ぶ機会の充実も盛り込まれています。
実現すれば、全国に12万人いる不登校の子どもはもちろん、学校が合わないけど無理をして通っている子ども、外国籍で日本の学校に通っていない子ども、その他さまざまな理由から学校外の場を選んだり、学齢期に学校に通えなかった人など、多くの人が安心してのびのびと学び、誇りを持って社会へと羽ばたいていける世の中が実現するでしょう。
当日は、議員連盟の三役である河村建夫議員、馳浩議員、林久美子議員をはじめ、多くの議員の皆様にもご出席をお願いしています。法律の早期実現とともに、学びの多様性の確保、経済的支援の充実、そして何よりも子ども自身の意思の尊重と、最善の利益の確保を求め、私たちの声を直接届けましょう。
多くの皆様のご参加をお待ちしています。
=======================================================

チラシのダウンロード
FAX用申込用紙

カテゴリー: その他, 政策提言 パーマリンク