【教育機会確保法】に関するイベント・集会報告

フリースクールスタッフ、学校の先生との勉強会(つばさスクール) 開催日:2017年9月28日(木)

2017年9月28日(木)、埼玉県吉川市のつばさスクールにおいて、フリースクールスタッフ、学校の先生との勉強会が開催されました。
当日は、つばさスクールスタッフ、フリースクール全国ネットワーク、地域の親の会の世話人、そして近隣の学校4校(中学・高校)から7名の教員・相談員が参加、フリースクールに通っている子ども、フリースクールを卒業した子ども・若者を軸に現場の先生とつながれる貴重な機会となりました。

第一回の勉強会では、学校、フリースクール、親の会それぞれの活動や理念を紹介し合い、最後に親の会の皆様から「保護者としての思い」をお聞きしました。
勉強会は今後も継続し、フリースクールが信頼を得るためにどのような情報の伝え方をしたらよいか、フリースクールや不登校当事者の側から学校に求めるもの、等の意見交換をしていく予定です。

お問合せ http://tsubasa-school.com/contact/(つばさスクール)

「千葉県フリースクール等ネットワーク」設立総会&記念シンポジウム 開催日:2017年9月24日(日)
開催場所:千葉市中央コミュニティセンター

2017年9月24日(日)千葉県フリースクール等ネットワークの設立総会と設立記念シンポジウムが行われました。
同ネットワークは、千葉県内のフリースクール、オルタナティブスクール、不登校の親の会、ホームエデュケーション家庭等の民間団体・学校外で育つ子どもの保護者と教育行政が対話をしていくための「窓口」となり、不登校の子どもたちや学校外で育つ子どもたちの権利保障を前進させていくために結成されました。

設立総会にはフリースクール等関係者、不登校の親の会関係者など約40名が参集。
今後は学校に行っていないことを「悪いこと」とみなさず、学校復帰を目標としない子どもの学習と成長の権利保障の充実に向け、行政との連携を含めた取り組みを進めていく予定です。

お問合せ info@nponemo.net(ネモネット)

「ふくおかフリースクールフレンドシップ協議会」合同相談会 開催日:2017年9月16日(土)

2017年9月16日(土)「ふくおかフリースクールフレンドシップ協議会(以下、FFF協議会)主催の合同相談会が開催されました。
FFF協議会は、2016年福岡県内のフリースクール等の学校外の学びの場がつながり、情報交換や情報発信を行い、また行政との対話・連携を進めていくためのネットワークで、福岡県内の5つのフリースクールが「協議会実行委員会」を組織しスタートしました。
現在、福岡県内約30のフリースクール等の団体との連携を計り、活動をおこなっています。

相談会には、台風の報道もあるなか定員いっぱいとなる50名以上が参加。
また、福岡県私学振興課、福岡市教育委員会生徒指導課などからも職員が参加し、登壇挨拶をおこなったとのことです。

今後は、FFF協議会の拡充や今回相談会のために集めた情報をまとめ、県内のフリースクール等の情報がまとまった冊子をつくり、学校や教育相談窓口に広めていく活動などにも取り組むとのこと。

フリースクール全国ネットワークも、より多くの人が多様な学びの場や一人一人 に合った学び・成長の在り方を選べるよう、応援していきたいと考えています。

お問合せ info@esperanzahp.jp(箱崎自由学舎えすぺらんさ)

「千葉県フリースクール等ネットワーク(仮称)」準備会 開催日:2017年4月9日(土)
開催場所:千葉市生涯学習センター

2017年4月9日千葉市生涯学習センターにて「千葉県フリースクール等ネットワーク(仮称)」の立ち上げのための会合が開かれました。 呼びかけはフリースクールJATの古山さん、NPO法人ネモネットの前北さんの2名、県内のフリースクール等の関係者8名が集まりました。
まずは昨年12月に成立した「教育機会確保法」の内容をおさらい。
その後に参加者自己紹介とそれぞれの所属する団体の活動紹介、今後の活動方針について意見交換を行いました。

意見交換では、このネットワークに不登校の親の会や学校関係者も入ってもらえるよう声掛けをしていくこと。県の担当者との話し合いの機会を創り、公民の連携で何ができるかを共に考えていくことなどが話されました。

お問合せ info@nponemo.net(ネモネット)

「教育機会確保法スタッフ勉強会&不登校体験談」 開催日:2017月3月14日
開催場所:埼玉県さいたま市

さいたま市で活動する「アトリエ・ゆう」にお招きいただき、教育機会確保法についてと、不登校体験談をお話ししました。
教育機会確保法に関する勉強会は昨年11月に続いて2度目の開催、法律成立以後の各地の動きや文科省の施策等の情報を共有し、今後のことを一緒に考えました。

フリースクール全国ネットワークでは、教育機会確保法や文科省の施策についての情報提供や、フリースクールの活動実践、不登校体験談などの講師派遣等のご相談も受け付けております。
ご希望の方は、事務局までお問い合わせください。
E-mail info@freeschoolnetwork.jp(フリースクール全国ネットワーク)

「教育機会確保法を語る会」 開催日:2017月3月9日
開催場所:兵庫県神戸市

兵庫県では、県内の支援団体等がつどい「フリースクール・子どもの学び場連絡協議会」を結成。
「教育機会確保法」のことを知っていただき、理念法を具体的にどのように運用するかを考える前に、今回はまず法律の基本のきを学びました。文科省が2月に出したた基本指針の骨子案にも触れながら、子どもの休息の権利や学校外での学びに対する支援、などが認められたこと、行政等との連携が謳われ、市民NPO同士の繋がりが求められていることを共有しました。

当日は、立ち見が出るほど関心が高く、参加者は一般市民の方々を始め、兵庫県会議員、神戸市会議員、明石市会議員、西宮市会議員、弁護士、カウンセラー、教師、NPO中間支援組織の方々、不登校親の会、ひきこもり支援者、スタッフ(オルタナティヴスクール、デモクラティックスクール、フリースクールの方々など)、研究者など色々な分野にわたりました。

これからも市民や行政関係など多くの人と繋がり合い理解し合う中で、子どもたちの学び、育ちに寄り添った法律となるよう努力していきたいと思います。神戸市議からは、文科省から出される最終的な法律の骨子が固まった折には、市民との連携に向けて一歩進めて考えるような答弁をいただきました。

詳しい情報、フリースクール・子どもの学び場協議会に関するお問い合わせはこちら
E-mail free1990@mail.goo.ne.jp(神戸フリースクール)

「不登校から社会的自立へ 第3回 国の不登校支援政策」 開催日:2017月2月19日
開催場所:長崎県長崎市

長崎市市民活動支援補助金事業として開催した連続講座の3回目として、文部科学省初等中等教育局の担当者に教育機会確保法についてと、文部科学省の政策・方針について話していただきました。 参加者は30名程度、不登校児童生徒の保護者の他、県教委、市教委、市こども未来課課長、現職教師等の教育行政関係者、国会議員(FS等議員連盟)、長崎県議会議員、長崎市議会議員、NPO担当部署の市職員などが参加。
九州各地のフリースクール等スタッフ、フリースペースや親の会も参加してくださいました。

  • 議連メンバーとしての思い
  • 教育機会確保法を進めてきたフリースクール関係者としての話(中村)
  • 新法成立までの流れ、新法に対する期待・不安・懸念、「私たちがとりくむべきこと」
  • 各地の取り組み
等、時間を大幅に延長しつつ意見交換を行ったとのことです。。

詳しい情報、FS等の協議会に関するお問い合わせはこちら
NPO法人フリースクールクレイン・ハーバー
E-mail craneharbor@har.bbiq.jp
URL http://www1.bbiq.jp/craneharbor/

「教育委員会の定例会合で教育機会確保法について説明(福岡市)」 開催日:2017月2月17日
開催場所:福岡県福岡市

福岡市内のフリースクール等の協議会と福岡市教育委員会の定例会の際に「教育機会確保法」の説明をFSの側からしました。
教育委員会指導課、相談課、そして市内で活動する7つのフリースクールが集まり

  • 学校の先生方にこの法案をもって知ってもらわないといけない
  • より連携をして、モデル事業実施の可能性も考えながら、より良い法案のための指針つくりをしていきたい
等の意見が出ました。

詳しい情報、FS等の協議会に関するお問い合わせはこちら
特定非営利活動法人箱崎自由学舎ESPERANZA
E-mail info@esperanzahp.jp
URL http://www.esperanzahp.jp/

「「子どもたちの居場所をつくろう 市民の会 堺」
開催日:2017月1月29日
開催場所:大阪府堺市
参加人数:21名(学校関連者、塾、NPO、保護者、議員など)

テーマ「学校に行かないという選択をした元当事者の話を聞こう。」

詳細は「子どもたちの居場所を作ろう 市民の会 堺(遊悠自適)」フェイスブックページもご覧ください。
https://www.facebook.com/schoolnonschools/