調査検証委員会を解散することに関する経緯のご説明

NPO法人フリースクール全国ネットワーク(以下フリネット)理事会は、2020年11月2日づけで設置した調査検証委員会(以下検証委員会)の、解散に関する議案をフリネット総会(6月27日)へ提出することを理事会にて決定しました。

  以下、

1.調査検証委員会解散の判断の理由

理事会として調査検証委員会の解散を判断した理由は、2つあります。

(1)東京シューレ事件被害者の要望書を受理したことにより、調査検証委員会の設置目的が設置当初から変化したこと

(2)経緯を十分に理解していないと思われるSNSユーザーによって、調査検証委員会委員に対するオンライン上の人権侵害・誹謗中傷が看過し得ない状況になったこと

 被害者の方の要望を組織として適切に受け止めつつ、フリネットからの依頼により無償のボランティアとして参加貢献いただいていた調査検証委員会委員を人権侵害・誹謗中傷から守るための判断としてやむを得ず調査検証委員会をいったん解散することが望ましいと判断しました。

 なお、調査検証委員会委員への人権侵害・誹謗中傷については、フリネットとしての対応が遅れたために事態を悪化させてしまいました。

 2.調査検証委員会の当初の目的と活動経緯について

調査検証委員会では、フリースクールにおいて性被害をはじめとした人権侵害の未然防止のあり方、万が一人権侵害が生じてしまった場合における適切な被害者保護や調査検証・情報開示のあり方、東京シューレ事件発覚後のフリネット理事会の対応についての3点を検証してまいりました。 調査検証委員会の検証目的は、東京シューレ事件への調査検証ではありません。

また2021年5月に以上3点の検証について中間報告を発表させていただいておりました。https://freeschoolnetwork.jp/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/3938 (設置について)https://freeschoolnetwork.jp/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/4024 (中間報告について)

3.東京シューレ事件被害者の方からの要望書について

 フリネット理事会、また調査検証委員会としても、調査検証委員会を設置するにあたって当初より被害者の方との連絡コンタクトを希望し、関係団体に被害者や代理人について情報提供を求めていました。しかしながら、「被害者とのやり取りは慎重に行いたい」という旨で断られておりました。そのため調査検証委員会の目的から、担当理事と委員で検討し、前述のような目的と活動を行ってまいりました。   

しかし、6月11日に東京シューレ事件被害者からの要望書を拝受し、フリネット調査検証委員会へのご意見を頂きました。直接のコミュニケーションが可能となったことで、調査検証委員会の目的と活動を仕切り直す必要性を認識しました。

4.調査検証委員会委員へのオンライン上での人権侵害・誹謗中傷について

6月11日提出の要望書についてフリネットとしての対応が遅いのではないかと思われた複数の発信と、経緯を十分に理解していないと思われるSNSユーザーによって、調査検証委員会委員に対するオンライン上の人権侵害・誹謗中傷が調査検証委員会業務に留まらず調査検証委員個人の通常業務や私生活にまで被害を及ぼす看過し得ない状況になっています。

 フリネットの対応を早く求める被害者のお気持ちは察してあまりあるところですが、このような経緯があったことをあらためて説明申し上げます。

 またオンライン上での発信が、調査検証委員会委員への人権侵害・誹謗中傷に発展していることについても、フリネットとしての対応の遅れが事態の深刻化を招いてしまいました。事態の深刻化の責任は委員ではなくフリネットにあることをここに明記いたします。

5.人権侵害・誹謗中傷に関して理事会からのお願い

 委員に関するSNSやブログでの人権侵害・誹謗中傷に関しては、ただちにおやめください。
 今後は、調査検証委員会や委員に関するご意見はすべてフリネット(info@freeschoolnetwork.jp)にお寄せくださいますようお願い申し上げます。

6.今後の対応について

 今後の対応につきましては、総会にて調査検証委員会解散の決議が行われたのちに、被害者の方の要望をふまえ、あらためて検討してまいります。

 最後に、フリースクールは、子ども若者の尊厳や権利を大切にし、子ども若者とともに実現するために日本社会で発展してきたものと理事会では考えております。東京シューレ事件のような悲しい事件が再発しないためにも、本来子どもの権利を大切にし実現するためのフリースクールが、子ども若者の尊厳や人権を侵害する場ともならないよう、被害者のご意見を受け止め必要であればコミュニケーションもはかりながら、より良いフリースクールの在り方を考えていくことができればと存じます。

 また、子どもの尊厳や権利を大切にするのならば、大人の尊厳や権利を大切にすることについても、これを機会に私共とともにあらためてお考えいただけますと幸いです。

2021.6.26 NPO法人フリースクール全国ネットワーク理事会・調査検証委員会

※「調査検証委員会を解散することに関する経緯のご説明」の一部訂正について6月26日に掲載致しました表題記事につきまして、一部に不適切な表現がございました。ここにお詫びを申し上げると共に、訂正して掲載致します。2021.6.28

カテゴリー: 未分類 パーマリンク