メールマガジン【第11号】2019.2.15

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

NPO法人フリースクール全国ネットワーク公式メールマガジン
         【第11号】2019.2.15

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

================================
目次
1.多様な学び実践研究フォーラムin九州

2.子ども若者表現応援基金

3.統一地方選挙に向けて

4.「多様な学びのポータルサイト」開設に向けた支援募集

5.事務局コラム(加藤敦也 事務局)
================================


■多様な学び実践研究フォーラムin九州

多様な学び実践研究フォーラムは、不登校・フリースクールだけに限らない「多様な学び」の実践者(学習者自身やその保護者も含む)と研究者が集い、交流することによってその実践の質を高めようと2012年にスタートしたフォーラムです。
これまでは東京・大阪で交互に開催してきたフォーラムを全国に展開していくための第一歩として、九州の各県から集まった実行委員を中心に準備を進めています。

基調講演は「多様な学び保障法を実現する会」共同代表で白梅学園大学前学長の汐見稔幸さん。
全体でのシンポジウム「普通教育機会確保法」見直しまで1年~今、必要な視点~をテーマに4名が登壇。
10個のテーマ別分科会では、公民連携や多様な学びを支える制度、学校教育との連携についても取り上げます。

==========================
第6回多様な学び実践研究フォーラムin九州・開催概要
==========================
□会場・アクセス
 福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)

□参加費
 一般 2日間3,000円、1日だけの参加は2,000円
 学生 2日間1,000円
 18歳以下 無料

□お申込
 https://www.kokuchpro.com/event/tayoumanabi/?fbclid=IwAR1iUfHmx1fwzrjnmZYLn0qV0Q183pP4u2PDr2RpJDt7LjQQiEy_x6Hnoy0

□主催
 多様な学び保障法を実現する会
 多様な学び実践研究フォーラムin九州実行委員会
 NPO法人フリースクール全国ネットワーク

□プログラム等詳細はお申込ページからご確認ください♪



■【お知らせ】子ども若者表現応援基金

不登校を経験した子ども・若者の表現活動を応援する基金が設立されました。
当ネットワーク代表理事の奥地が「毎日社会福祉顕彰」の賞金をもとに、趣旨に賛同いただいた協力者の寄付を合わせてスタートするもので、不登校や学校以外の学びを経験した39歳以下の子ども・若者が応募できます(18歳以下の方は、保護者の同意が必要です)。

2019年度は一件あたり10万円程度を目途に5件ほどの応援を予定、応募締め切りは2019年4月1日となっています。
表現の方法は文字や映像、絵画、演技などなんでも構いません。
その他、詳細については https://www.shure.or.jp/linkpage/expression/ をご覧ください。

お問合せ先:03-5993-3135(東京シューレ気付 子ども若者表現応援基金事務局)


■統一地方選挙に向けて

今年4月には統一地方選挙があります。
フリースクール全国ネットワークでは、この選挙の候補者や政党に向けて

・教員、保護者、民間団体等への法の周知
・休養の必要性、学校外の学びの重要性に基づいた教員、相談員等に向けた研修
・教員や保護者に対する情報提供
・フリースクール等で学ぶことを希望する家庭への経済支援
・家庭での学習やフリースクール等での学習への就学援助費の適用
・フリースクール等団体への財政支援・運営支援
・公民連携による不登校支援協議会の設置、研修会・相談会の開催
・居場所づくり等のNPOへの民間委託
・学校復帰のみを目的としない不登校支援施策の推進

などを盛り込んだ要望書や質問状を、各地のFS等と協力して提出することを進めています。
要望、質問の内容は各地の状況に応じて少しずつ変えていきますが、この機会に地方議会に対しても
「休息の必要性」と「学校外の学びの重要性」を明示した普通教育機会確保法の存在を周知してまいります。



■「多様な学びのポータルサイト」開設に向けた支援募集

不登校経験があり、『居場所がほしい – 不登校生だったボクの今』(岩波ジュニア新書)著者の浅見直輝さんと、子どもたちの「生きる力」をはぐくむ教育について発信しているNPO法人いきはぐが、新しい多様な学びのポータルサイトの開設に向けてクラウドファンディングをスタートさせました。
フリースクール全国ネットワーク加盟団体も含む全国100の学校外の多様な学びの場に実際に取材に行き、その紹介をしていく計画とのことです。
プロジェクトを計画した浅見さんは、ご自身の経験も基に「学校に合わないことはダメな事じゃない」「同じ思いをもった仲間や先輩がいる」というメッセージや、親御さんの切実なニーズ・悩みにもこたえたいと企画をスタートさせたそうです。

詳細Readyfor https://readyfor.jp/projects/mana-cata にて。
ぜひご覧いただき、寄付もご検討いただければ幸いです。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 事務局コラム:加藤敦也(事務局)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

みなさま、はじめまして。昨年11月より、フリースクール全国ネットワークの事務局員として働いています。加藤敦也と申します。
簡単に自己紹介しますと、私は2014年まで栃木県に住んでいて、2012年あたりまで日光市にあるフリースペース「なんとなくのにわ」でスタッフをしていました。 子どもとテレビゲームをしたり、卓球をしたり、バドミントンをしたり、鬼ごっこをしたり、カードゲームをしたり…。
と、ここまで書いて気付いたのですが、スタッフとしてはもっぱら遊び担当だったようです。

恥ずかしながら、スタッフとしては何か誇れるようなことをした記憶がないです。
ちょっと良いことをしたとするなら、プレイステーション2とゲームキューブというゲーム機を寄贈したことです。
ただ、これも善意というより、自宅にゲーム機があるとつい熱中してしまい、当時大学院生だったため、研究できなくなると危ないかもなあ、という自分の都合からゲームを寄付したのでした。それにプレステ2はもらいものですし。

子どもにはよく遊んでもらったという感謝がありますが、私が感謝されるような何かをした自負はないです。こうしてしみじみとフリースペース時代を思い出しながら、しっかりしなきゃな、と気持ちを新たにして事務局員として務めたいと思います。よろしくお願いします。

カテゴリー: メールマガジン パーマリンク